涙やけの原因は腸内環境にあった!

愛犬の涙やけ、気になりますよね。
こまめに拭き取っても、念入りにシャンプーをしても涙やけは治りません、、、。

多くのワンちゃんに起こる涙やけ。
その解決に重要なキーワードとして「腸内環境」があるのでは?という気になる論文を見つけました。


“ドックフードの変更によりイヌの涙やけ改善が認められた一例,2019 年 22 巻 2 号 p. 95-100, https://doi.org/10.11266/jpan.22.2_95

目次

涙やけってなに?

涙液が目から溢れ、濡れた部分が赤褐色に変色することをいいます。
多くの犬で見られるため、めずらしいことではありません。

涙腺から分泌された涙液(なみだ)は鼻涙管を通り、鼻腔に排泄されます。
ところが、

・細菌感染などで涙の量が増えた。
・鼻涙管が狭い、または閉塞している。

などが起こると鼻涙管から排泄されずに溢れ、涙やけとなるのです。

腸内環境との関係は?

論文では涙やけが見られたフードと涙やけが改善したフードを比較。
排便を調べたところ、改善したフードでは便のpHは低くなり、短鎖脂肪酸濃度は高くなったそうです。

プロバイオティクスなどの有用菌はpHが低いと生育しやすいため、pH低値では良好な腸内環境と捉えます。
また短鎖脂肪酸の増加は腸内細菌によって生成されます。

つまり、涙やけを改善したい場合乳酸菌などのプロバイオティクス、オリゴ糖などプレバイオティクスが配合され、腸内環境に配慮したフードを選択肢に加えることをおすすめします。


以上の結果をみても、腸内環境と涙やけは関係がありますね。

まとめ

・涙やけの改善にはプロバイオティクス、プレバイオティクスが配合されたフードを選ぶ
・腸内環境に配慮されたフードは、涙焼けの面積、涙やけの量の減少が期待できる

もしあなたの愛犬の目元が赤褐色に染まっていたら、、、腸内環境がどうか、フードはあっているか、ぜひ見直してみてくださいね!

********************

犬の腸活相談は公式LINEでも承っております。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

伊藤きみこのアバター 伊藤きみこ 犬の腸活アカデミー主宰

愛犬を3年先もハグする未来ををモットーに活動しています

コメント

コメントする

目次